菅原敏 × 大谷有紀 展覧会「嘘ついて星ふえる」at ユトレヒト

f:id:hynm_sugawara:20150408185419j:plain

2015.4.7(tue)-4.19(sun)
菅原敏 × 大谷有紀 展覧会「嘘ついて星ふえる」

 

カセットテープの裏表、鏡とガラスの裏表、わたしとあのこの裏表。

菅原敏 × 大谷有紀 展覧会 『嘘ついて星ふえる』

昨日のレセプションにお越し頂いた皆様、ありがとうございました! 今週の土曜・4/11にもプチパーティを。17時くらいから在廊しています。お酒をご用意してお待ちしています。

★chiobenさんのお弁当を食べたい方は下記よりご予約を(限定15名)

4/11(土)18:00〜「chioben + 嘘星」ごはん会 
http://utrecht.jp/?p=14917
お弁当+嘘星バッチ付き。
嘘つきの皆さん、胸に嘘星バッチをどうぞ。

 

f:id:hynm_sugawara:20150407123905j:plain

 

菅原敏 × 大谷有紀 展覧会 『嘘ついて星ふえる』

会期 : 2015/4/7〜4/19
11:00 - 18:00 月曜日定休 入場無料
会場 : UTRECHT
渋谷区神宮前 5-36-6 ケーリーマンション 2C
TEL: 03-6427-4041

http://utrecht.jp/?p=14835

 

 

詩人として、全方位的に活動を続ける菅原敏と、デザイナーとして活動しながら、積極的にアートワークも発表しつづける大谷有紀。
本展では、菅原敏による言葉の意味を裏返した2篇の詩、A面「嘘ついて 星ふえる」 B面「嘘つかず星きえる」の朗読が収録されたカセットテープを観客が再生するインスタレーションと、菅原敏の詩にインスピレーションを受けた大谷有紀のドローイング等で構成されたインスタレーションを展示します。ひとつの世界から生まれた様態の異なる二人の作品が並ぶ空間は、観客の五感を研ぎ澄まし、作品の放つ世界観へと誘います。

chiobenさんのお弁当付き!菅原敏 × 大谷有紀「嘘ついて星ふえる」ごはん会については、こちら

http://utrecht.jp/?p=14917

 

f:id:hynm_sugawara:20150407170552j:plain

 

『ラジカセの使い方』

【再生】:菅原敏が詩の朗読を始めます。
【リバース】:ON にすることで「終わりある詩」は「終わらない詩」 に変わります。
【巻き戻し】:詩は過去に遡りますが、裏を返せば未来に進んでいます。
【早送り】:詩は未来に進みますが、そのくせ過去に遡ることもあります。
【停止/一時停止】:菅原敏は休憩します。
【録音】:押すと菅原敏は消えてなくなります。

 

 

f:id:hynm_sugawara:20150408190115j:plain

A面「嘘ついて星ふえる」より抜粋

星の数ほど嘘があり
いまでも嘘がふえ続け
嘘をつくほど星ふえて
夜空に星座がふえていく

若い女が嘘をつき
わたしがそれを信じれば
物語は進み進んで
夜空に星座がふえていく

B面「嘘つかず星きえる」より抜粋

星の数ほど嘘はなく
むかしも嘘はへり続け
嘘がないほど星きえて
昼空に星座がきえていく
老いた男が真実を
あなたがそれを疑えば
物語は戻り戻って
昼空に星座がきえていく

 

++
(菅原敏ステートメント
始まりの点、終わりの点、そのふたつを線でむすぶと、物語が立ちのぼる。
夜空の星と星を結べば、星座が生まれ、そこに物語が生まれるように。

一本の線は図相でしかないのに、始まりと終わりを結ぶ線は、物語であり、時間でもある。
早い線は迷いなく描かれ、遅い線は滲みながら重さを持って、じわじわと。

クロッキー帳に描かれた、 線によるドローイングを見せて頂いたとき、
そんなことがぼんやりと頭に浮かび。

あらゆるモチーフは、見えるものを線に置き換えることで出来上がっている。
すべての文字は、線からできている。 このテクストも、線から成り立っている。
すべての絵画も、線が描く境界線から成り立っている。 境界線が生み出す緊張感。

私は、カセットに吹き込んだ文字、黒い一本の磁気テープで。
大谷さんは、 つながっていく一本のストローク(絵)で。

ふたりでつくる一本の線、楽しんでい頂ければ嬉しいです。
2015.1.27_菅原敏

 

【PROFILE】菅原敏 Bin Sugawara

詩人。2011年、アメリカの出版社PRE/POSTより詩集『裸でベラン ダ/ウサギと女たち』をリリースし逆輸入デビュー。菅原敏の「詩集」と現代美術家伊藤存の「刺繍」により実現したアートな一冊として各方面で話題を呼ぶ。 スターバックスコーヒーやナイキなど異業種とのコラボレーション、クラウドファンディングによるラジオ番組枠の買収(bayfm)、デパートの館内放送ジャック、新聞・雑誌へのエッセイの寄稿や講演から、メディアプロジェクト「詩人天気予報」まで、その活動の場を広げている。
現在、いにしえの恋愛詩を菅原敏の言葉で超訳する連載「新訳 世界恋愛詩集」をcakes(ケイクス)にて連載中。

twitter twitter.com/sugawara_bin

【連載】
『新訳 世界恋愛詩集』cakes.mu/series/3194
『詩人天気予報』www.roomie.jp/tag/詩人天気予報
『鏡の中の、あのこたち』kirei-torisetsu.com

 

++

大谷有紀ステートメント

何か一緒にやりたい、 「一遍の詩は、したためたインクは、絵(ストローク)と同じだ。」 そう話しをしたのは年末のこと。それから、二人のなかで どんどんと詩とストロークの話はふくらんで、これは何かしなければと すぐに展示をすることに決めました。 スムーズに決まったユトレヒト、わくわくとしています。 言葉を交わすように詩と絵が交わって、 理屈をこえて関わり合えたこと、嬉しく思います。 2人の詩と絵のやりとりお楽しみ頂ければ幸いです。 2015 大谷有紀

 

【PROFILE】大谷有紀 Yuki Otani
1981 年福井県生まれ。 東京藝術大学にてデザインを学び、2007 年修士課程修了。在学中よりデザインユニット2e として活動。2010 年に自身の服ブランド「Ki Noe」をスタート。 現在、資生堂宣伝・デザイン部に在籍。2013 年より武蔵野美術大学非常勤講師。 自身が編集長兼アートディレクターとして雑誌「VACANCES」を発行。(2月・6月・10月の年3回発行)
主な展示に「個展「2e li primo anniversario」(HOBONICHIのTOBICHI/2014)、安藤晶子 × 大谷有紀 展覧会 (架空日記: きくちゆみこ) 「枕元にパン ―枕元にパンを置いてきみは寝る、不安で眠れない夜―」(AL/2014)、zazi × 大谷有紀 展覧会「アオ」(Earth &Salt/2014)大谷有紀 志村信裕 わたしたちにだって言いぶんがある。3」(NADiff gallery/2013)、個展「終わりなきバカンス あなたにしか見せない顔 」(SFT GALLERY/2013)、著書に『ペーパー・シンドローム』(ピエ・ブックス/2010)などがある。
www.2e-prodotti.com

twitterhttps://twitter.com/yukiootani
tumblryukiootani.tumblr.com
【blog】
『ELLE ONLINE』blogs.elle.co.jp/otani/
装苑 ONLINE』fashionjp.net/soen/blog/yukiotani/

 

協力:有限会社フォイル www.foiltokyo.com